痛いは効いてるという事らしいです。

私は温泉にいった際には、いつもマッサージをお願いします。

その日も私は温泉に来たのだからマッサージをお願いしようと思って、マッサージの受け付けにいきました。

マッサージの受け付けでは、綺麗なお姉さんが対応してくれてマッサージ前から私のテンションは上がりました。

受け付けを済ませてから、中に入るとそこには明らかに日本人ではない黒人のマッサージ師がいました。

私は詐欺だと思ったのですが、よく考えると、日本人が施工するとは書いてないですし黒人だから嫌だと言うのも良くないかな、等と様々な思いが交錯しました。

黒人さんが、どうぞと愛想良くいうので、私は人を観た目で判断してはいけないと思い、意を決して入っていきました。

施工は、足裏マッサージと背中のマッサージの2種類を60分のコースでした。初めは足裏マッサージからでした。これが痛い、とても痛い、ですが、飛び上がる程ではない痛みでした。痛い施工はすぐに終わり、足をオイルでマッサージする施工に入ったので、そこでは何も言わずに進んでいきました。

が、次に始まった背中のマッサージは足裏マッサージを超える程痛い、半端じゃなく痛い、ですが相手は黒人、ちょっと言いにくいです。ですが、言わないと止まらないと思い、意を決して、ちょっと痛いんですけどと伝えました。すると、黒人は、痛い効いてると返して来ました。いやいやいや、こっちが痛すぎて伝えているのに何を考えているだと思って、もう一度伝えるも、痛い効いてるとしか言いません。

そこで本気で痛いっていってんだけど、と語気を荒く言うと、黒人がごめん、効いてると思ったとポツンと言うのでなんだかこっちが悪い感じになってしまい、もう良いです大丈夫ですよと言って続けてもらいました、その後からは、弱めの感じで終わりました。

なんだか、こっちが悪い訳ではないのですが、もう少し優しく伝えた方が良かったかなと今は思っています。

トップページ