週末のご褒美マッサージ

社会人時代、月曜から金曜まで朝から深夜までハードに働いていました。肩こりを始め全身にひどい疲れに悩んでいた私は、週末にマッサージに出かけることを最大の楽しみにしていました。当時、住んでいたのは市街地で自転車で10分のところにマッサージ店があり頻繁に通っていました。いつも利用していたのは全身の60分のコースで肩を中心に、揉み方は強めでお願いしていました。マッサージを受けている最中、とても気持ちがいいのでいつも眠ってしまいそうになりますが、料金は約6000円と少しお高めなのでなるべく寝ないように睡魔と必死で闘います。仕事をしていると長く感じる60分も気持ちいいマッサージを受けているとあっという間です。だんだん終了時間が迫ってくると名残惜しい気持ちになりますが、また一週間がんばったら来よう、と自分に言い聞かせ乗り切ります。マッサージが終わると温かいハーブティーを出してもらえたのでいつもそれでもとても癒されていました。担当者を指名することもできたのでお気に入りの人が見つかると毎回指名し、他愛もない会話を楽しめるのもちょっとした息抜きになりました。ちょっと贅沢ではありますが、こんなふうにサラリーマン時代はリフレッシュしていました。

トップページ